2009年12月28日月曜日

真央ちゃん五輪出場おめでとー(^o^)v

浅田真央(Mao Asada) 「24 Capricci」


ピアノとヴァイオリンによる「24 Capricci」もGood


「24 Capricci」について・・・

『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋


Niccolò Paganini(ニコロ・パガニーニ)
1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアヴァイオリニストヴィオラ奏者ギタリストであり、作曲家である。

パガニーニはヴァイオリンの鬼神と呼ばれ、当時はそのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。そのため彼の出演する演奏会では聴衆は本気で十字を切ったり、本当にパガニーニの足が地に着いているか彼の足元ばかり見ていた観客もいたという。それどころか死後に教会から埋葬を一時拒否すらされ、その遺体は各地を転転とする羽目になったほどである。

彼がヴァイオリンを弾き始めたのは5歳のころからで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、そのころから自作の練習曲で練習していた。それら練習曲はヴァイオリン演奏の新技法、特殊技法を駆使したものと言われる。


ニコロ・パガニーニ24の奇想曲(伊: 24 Capricci

作品1はヴァイオリン独奏曲。無伴奏曲なので、ヴァイオリン重音奏法や、視覚的にも演奏効果の高い左手ピッツィカートなど強烈な技巧が随所に盛り込まれた作品。ヴァイオリン演奏家には難曲に挙げられている。フランツ・リストは演奏技巧のもつ音楽の可能性に触発され、ピアノ曲に第1・5・6・9・17・24番を編曲している。






0 コメント: