2010年1月26日火曜日

JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ -William Claxton-






















Chet Baker(チェット・ベイカー)、Duke Ellington(デューク・エリントン)、Ella Fitzgerald(エラフィッツ・ジェラルド)、Art Pepper(アート・ペッパー)他、様々なジャズプレイヤーを撮り続けたアメリカの名カメラマン、William Claxton(ウィリアム・クラクストン)のドキュメントムービー




映画の中では、ウエストコースト・ジャズのアルバムジャケット作りで、ソニー・ロリンズの「ウエイ・アウト・ウエスト」ジャケット撮影にWest Coast(西海岸)らしく、砂漠とかカウボーイのようなイメージでジャケットをCLAXTONが撮影し、後に賞をとることに。

ヴィダル・サスーンや写真家のHelmut Newtomのインタビューもあり、
音楽監督はTill Bronner(ティル・ブレナー)

CLAXTONの愛車の話や、スティーブ・マックイーンとの関係についても話し出す。

Jazzファンならずとも写真や、マックイーン好きにもオススメの映画です(o^-')b

Jazz Seen


William Claxton 1927 - 2008 The Photographer as Artist









William Claxtonオフィシャルサイト

0 コメント: